協賛のお願い

 

 日本公衆衛生看護学会は、国民の健康の保持増進に寄与することを目的に、その活動の担い手である保健師の活動を充実発展させ、活動の基盤となる公衆衛生看護を学問として構築することを目指して、2012(平成24)年7月に設立されました。保健師および関係者の皆様の熱い思いに支えられ、この3年半の期間で会員数1,600名を超える学会に成長しました。2015年4月に一般社団法人日本公衆衛生看護学会となり、社会的な責任を果たす存在として発展を続けています。

 学会の主要事業として、年に1回の学術集会を開催しています。第5回学術集会では、「公衆衛生看護のソーシャルデザイン -人々と共にまちとくらしの未来を拓く-」をメインテーマに掲げます。東北の各地で、東日本大震災を機に、まちの復旧・復興、再生を軸にした公衆衛生看護が展開されています。住民の健やかな命・生活・人生を護り、安寧を育む地域社会の未来を創り出す活動は、住民と共に社会をデザインする公衆衛生看護の原点といえます。第5回学術集会では、公衆衛生看護の発展のために、ご支援をいただいた全国の方々に感謝を込めて、仙台の地から東北の実践知を発信する予定です。

 本学術集会の開催にあたりましては、できる限り自助努力で運営して参る所存ですが、本学会の目的に沿って充実させ、その成果を社会に根付かせ、着実なるものとするために、各種のご協賛を仰ぎたく存じます。どうか本学術集会の趣旨にご理解とご賛同を頂きご支援を賜りますよう、何卒よろしく申し上げます。

 

趣意書ダウンロード

 

お申込方法

お申込にあたっては、趣意書の末尾にございます申込書をFAXかメールで送信して頂くか、以下のフォームより情報を送信してください

お問い合わせ

左記の運営事務局宛にご連絡ください。

後援

宮城県
仙台市
宮城県市長会
宮城県町村会
(公社)宮城県看護協会

学術集会事務局

東北大学大学院医学系研究科 公衆衛生看護学分野
事務局長 田口敦子
〒980-8575
仙台市青葉区星陵町2-1
E-Mail japhn5@pubnurse.
med.tohoku.ac.jp

参加・登録のお問合せは下記運営事務局へ

学術集会運営事務局

株式会社ユピア 担当:国井
〒456-0005
名古屋市熱田区池内町3-21
E-Mail:japhn5@yupia.net
FAX:050-3737-7331


TOP